スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台東・緑島旅行記2014②

緑島へ行く船が出ている港へ到着。



ここでさらに4人の、Sammiさんのお友達の同僚さんとその姉妹と恋人たち(もう複雑すぎる)と合流。



全員で8人の大人+男の子一人のグループに。



まだ写真がありませんが、このグループは、結局子供の男の子一人をのぞいて、全員女の子だったのですが・・・・



また書きます。



DSC_2612.jpg


船の乗船券往復もすでに手配済。


旅のすべてを台湾のみなさんがやってくれている・・・


DSC_2614.jpg



ここから船で緑島までは50分ほどかかるそうですが、この船、船酔いがひどいらしいです・・・・


以前緑島へ行ったことがあるというお友達から、けっこうすごかったと話を聞いていました。



今回、私もしっかり酔い止めを用意し、飲んでおきました。



船酔いにビビっているうちに、船がやってきました。


DSC_2615.jpg



DSC_2616.jpg


船内はこんなかんじで。



早めにさっさと乗車したので、窓際をキープ。席は早いもの勝ちでした。



DSC_2617.jpg


船内中に、ビニール袋が用意されています・・・・



これは相当やばそうだ・・・・




そして出航してみると、確かにものすごい揺れました。でも、酔い止めも飲んでいたし、朝から眠かったので、寝ている間に緑島へ着いていました。


この日は天気もよく、あまり波が荒くなかったのかもしれません。



船を降りても、私たちご一行は、みんな元気でした。



DSC_2618.jpg



船を降りたら、たくさんの民宿の人たちが、お客さんを迎えに来ていました。



緑島には、どうやらホテルはなく、全部民宿で、旅行者は民宿に泊まり、民宿単位でスノーケリングや、BBQ、島の観光、バイクや電動自転車のレンタルを全部請け負ってるってかんじでした。



私たちも、民宿のご主人のおじさんに落ち合い、まずは荷物を一気におじさんの車で民宿へ運んでもらいます。



では、私たちはどうやって民宿まで移動するのかというと・・・




2人1台のレンタルバイク。




DSC_2620.jpg


これは台湾の離島旅行ではもうおなじみ。



澎湖や七美島へ行ったときも、レンタルバイクでした。




みんなで2人1組になって、バイクに乗り、民宿へ移動。



島が小さいからか、あっという間に民宿へ到着。



DSC_2621.jpg



きれいで、清潔な民宿でした。



ダブルベッドが2台の、私たちの4人部屋。



DSC_2623.jpg

DSC_2624.jpg

DSC_2622.jpg



民宿には素泊まりです。朝食と夕食がついていましたが、全部よそへ移動して食べました。



また書きます。



あと、民宿にはタオル・バスタオルがありません。使い捨て歯ブラシだけありました。



トイレ・ホットシャワー付きですが、冷蔵庫は1階で共有です。





とりあえず今日はここまで~!






★Information★

泊まった民宿

星海渡假村
台東縣緑島郷南寮村95號
089-559-745

この民宿では、台東からの船往復、宿泊・レンタルバイク・スノーケリング・BBQ・夜の島観光がついた、パッケージプランがあります。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

緑島への船代っていくらか覚えてます?

★リコメです★

To あづまさん

> 緑島への船代っていくらか覚えてます?

申し訳ありませんが、覚えていないです。

わかりました!ありがとうございます。
プロフィール

リアモア

Author:リアモア
9歳年上の夫とともに台北ライフを送る夫バカな妻によるブログ。結婚8年目、今も変わらずハニー大好き夫バカな30代主婦です。

好きなことは、ヨガ・ジョギング・読書・音楽鑑賞・旅行。とくにバリ島。スーパーモデルのアレッサンドラ様に憧れています★アジア大好き。ひとつでも多くのアジアの国を訪れるのが夢★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。