スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月~今月読んだ本

台湾に来てから時間があるので、日本にいたときよりも本を読むようになったと思います。



先月~今月、4冊の本を読みました。


本


1、中国人の正体


私はこれまで、学生~会社勤めのとき、大学では中国人留学生たちと、バイト先の中華料理店では店員さんたちと、会社に入ってからも現地法人の中国人スタッフと、、と、やたらと中国人たちと付き合ってきたので


この本を読んで、中国人気質について、すでに知っていたこともありましたが、最近の経済発展後の中国人については、知らなかったこともあったので、とてもおもしろく読みました。


最近はすっかり台湾の人たちと親しくしているのもあって、中国人については、去年の、反日運動で日系企業などをめちゃくちゃにした中国人の印象がすごく残ったり、中国人との付き合いもほぼ無かったりだったのですが


中国人って、全世界人口の4人に1人が中国人でしたっけ??


しかもお隣の国だし、、、こんな本で中国人のいいところも、ちょっとどうかと思うところも、学べてよかったです。




2、ビブリア古書堂の事件手帖


これは、こちらのお友達にお借りした本です。


マンガの絵が表紙だったので、一体どんな本なのかな?と思ったのですが、これはめちゃくちゃ面白かったです!!

あまりにおもしろくて一日で全部読んでしまいました。


2回目読んでもいいくらい好きです。


なんというか、「ほんっとによくできてるお話だなぁ!!!」と、すごい!って素直に思いました。



3、フェルメール


これは、フェルメールの全作品が、かなりきれいな印刷で一冊の文庫本にまとまっていて、全部の作品と、解説が読めるのでいいと思います。


内容はというと、ちょっと美術の話になるので、理解できないところもありましたが、まぁフェルメールの全作品が、コンパクトな文庫本で、全部見れるというのがいいと思います。


「真珠の耳飾りの少女」が人気ですが、私は、盗まれてしまって今も発見されていない作品のこととか考えるのが楽しいです。


誰がどうして盗んだのか、今どこにあるのかとか考えるとわくわくしてしまう。。。


あと、「ヴァージナルの前に座る若い女」という作品とか、「赤い帽子の女」とか、フェルメールの作品だと言われているけども、こちらの筆者も「違うのではないか」と言ってましたが、私も違うと思う!!と考えたり・・・・


なんか今でもよくわからないことがいっぱいあって、真実は1675年にとっくに亡くなっているフェルメール本人しかわからないという神秘さみたいなのもフェルメールの絵を見る楽しさなのです。。。




4.30代にしておきたい17のこと


これは、日本のお友達にいただきました。


薄い本なのですぐに読めましたが、私の、本にふせんを貼ったり線を引いたりしてしまうクセが、一か所にしか出ていません。。。。


もうすぐ31歳になるけど、どうだろう、、、参考にして実践できることが今後は増えるかなぁ?


正直。。今はあまりピンときませんでした。。






最後に、今回「ビブリア~」の最終章にも登場する「太宰治」ですが、私、、国語の授業で走れメロスくらいしか読んだことがなくて、、、、



多くの人をとりこにしている太宰治、、、一度読んでみなきゃ、、、とすっごく思いました。



先日DVDでアメトークの読書芸人を見たのですが、かなりの読書好きとして知られる芸人の又吉さんも、太宰治のことをすっごくお好きで、勝手に太宰治と友達だと思ってるとか言って見えて><



いったいどんなすごい作品なの!!



次回日本で仕入れてこようと思います。




いじょう~






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ビブリアは4巻まで出てるらしいよ~(4巻で完結?)
太宰治は実家に色々あるけど・・・すっごい古いw。
持って来られたらいいんだけどねー。

★リコメです★

To ようこさん

ビブリア、4巻まであるんですか!
あのさわやかなラストで終わりなのかと思ってました。
でもおもしろかったので、4巻まで出て、日本でも人気だったんですね~きっと!
それから!!ドラマになったと伺ったので、そちらも調べてみたら、、最悪でした。。。
女優さんGさんに加え、EグザイLのダンサーさんが五浦さん役なんて!!!
全然!!全く!!どこもイメージに合わず、最悪です。。。。。T T


太宰治、何冊か読まれましたか?
ハマります???
wikiで太宰治について調べたのですが、何か人物がもうすごすぎて、
どんな作品が待ち受けているのかと思うと、少し気が重くなりました= =;

No title

太宰治は・・・読んだら気分が滅入るのが多いですw。

★リコメです★

To ようこさん

あ・・・・やっぱりそうなんですか(^_^;)
プロフィール

リアモア

Author:リアモア
9歳年上の夫とともに台北ライフを送る夫バカな妻によるブログ。結婚8年目、今も変わらずハニー大好き夫バカな30代主婦です。

好きなことは、ヨガ・ジョギング・読書・音楽鑑賞・旅行。とくにバリ島。スーパーモデルのアレッサンドラ様に憧れています★アジア大好き。ひとつでも多くのアジアの国を訪れるのが夢★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。