スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ島旅行記withハニー2013~オウルハウス編~

2日目は、台湾からネット予約しておいた一日カーチャーターで、ウブドとタナロット寺院などへ行きました。


今回初めてカーチャーターしたのですが、いろいろなところへ行けるし、すごく便利でとても楽しめました。


ネットで「バリ島 カーチャーター」なんかで検索するとたくさん出てきますが、安すぎるところは、観光やガイドの免許?を持っていない会社が勝手にやっていたり、車の保険が無く、もし車が事故した場合などは、お客さんにも金銭面でのトラブルがあるとかないとか?


また、ウブドなどの遠い場所へ行く場合は、ガソリン代の追加料金を請求されたり、運転手さんだけでガイドなしだったりと、いろいろあるようなので、どこでお願いするかはしっかり選ばないとだめのようです。



ちなみに私たちは、2年前からオプションツアーをお願いしている「プルメリアバリ バリガール」という旅行会社にお願いしました。


現地在住の日本人の女性スタッフさんとメールでスムーズにやりとりができますし、小さい会社のようですが、私は気にいって利用してます。


こちらでは、今回ネット限定で一日$65でカーチャーターしました。



車は、JTBやHISなどに比べると古くて、ちょっとエアコンの効きが悪かったですが、安くチャーターできますし、大きいワゴンなので買い物の荷物もいっぱい積んでもらえました~!




さて、朝9時、カーチャーターがスタート!



ホテルまで、ガイドさんと運転手さんが迎えに来てくれます。



ロビーに着いてびっくり!!



「あれ!?スディーさんじゃない!??」



なんと、去年キンタマーニ高原やティルタエンプルをガイドしてくれた、バリで一番明るいかもしれない、バリを代表するおもしろい男・・・スディーさんだったのです!!


スディーさんはさすがに毎日いろんな日本人を案内しているので、すぐには私たちを思い出してくれませんでしたが、キンタマーニに去年同じ時期に連れて行ってくれたよね!?と確認したら、すぐ思い出してくれました。


ってか私もハニーも、海外旅行先でお世話になったガイドさんたちの名前を、さすがにいちいち覚えていないのですが、スディーさんは名前が覚えやすかったこと、今まで出会ったガイドさんの中でいちばんおもしろかったから、覚えていたのです



今日はまた、バリで一番おもしろい男、スディーさんと一日過ごせるのかと思うと、いきなり楽しくなってきました。



行きの車の中では、お互いの最近の話や、バリに新しい道路や空港ができることなどのバリ情報を教えてもらったりしつつ・・・



オウルハウス


DFS前、サンセットロード。道路を建設中!




ずーーっとしゃべりつづけ、2時間ちょいでウブドへ到着しました。


オウルハウス2



バリは渋滞がひどいので、ウブドへは2時間半はみておいたほうがよさそうですね。



最初、まずは少し前に(しょっちゅうバリのことをネットで見てる私、、)ネットで見て、どうしても行きたかったウブドにある「オウルハウス owl house」というバリ絵画のアトリエへ連れて行ってもらいました。



ウブドは、ガイドブックなどによると、「芸術の街・田舎の街」なんてありますが、観光客が定番で回る、王宮付近やモンキーフォレスト通りなどは、観光化が進みまくっていて、おしゃれな雑貨のお店やレストラン・カフェ・ヨガショップなどが並んで、どこが田舎の街なの?お買いものストリートじゃないの?ってかんじでしたが


オウルハウスへ向かう、今まで一度も通ったことのない山の中の道は、まさにバリの神々が住んでいそうなまぶしい緑の間から光が漏れるような道で、そのところどころにはプチホテルや、日本のガイドブックには載っていないようなすてきなちいさなヴィラもあって、また田舎のバリ人たちの生活をみることができる、すごく美しい場所で感激しました。



オウルハウスも、そんな田舎の風景の中にありました。



田んぼのあぜ道を歩いたところがアトリエのようです。





あぜ道の看板前で、スディーさんと。


オウルハウス4

オウルハウス3



スディーさんもこちらはお客さんからリクエストもらったことがなかったようで、はじめて来たと言っていました。



ハニーは、スディーさんのトークが一向に止まらないので、体調が悪いのがまぎれてよかったわと言ってましたが・・・大丈夫・・??


オウルハウス6




オウルハウルの画家のご主人は、シーラさんという方だそうですが、アポなしで来て、いらっしゃるかなぁ・・・?


オウルハウス5



OPENとあります!よかった!


オウルハウス7

オウルハウス8



スディーさんが先に入って、インドネシア語で話してくれて、シーラさんもかわいいワンちゃん2匹とともに笑顔で迎えてくださいました。



お会いした瞬間、シーラさんがやさしくて、あたたかみのある、超すてきな方だということをすぐに感じ取ることができました!!



オウルハウスを訪れた方々のブログや旅行記に、みなさんシーラさんの人柄がすてきすぎるみたいなことを書かれていたので、一体どんな方なんだろう!と期待していましたが、お話の仕方も、描かれる絵からもやさしさや穏やかさが伝わってくる、そんな方でした。



シーラさんは日本で個展なども何度もされているようで、日本人とコミュニケーションが取れるように日本語も勉強されたとか!



シーラさんの日本語での一言一言は、静かで、おだやかで、もっとたくさんお話したかったです!



シーラさんは、バリ絵画を代表するような超細密画の中に、かわいいフクロウを描かれています。



アトリエではたくさんの作品を見させていただくことができ、好きな作品はその場で購入することができます。


オウルハウス9



フクロウアイテムがちょっと好きな私・・・シーラさんのフクロウのかわいらしさ、たくさんしあわせを運んできてくれそうなかわいい絵に一目ぼれ!!


ハニーもすぐに絵を気にいって、記念に買える範囲で、ジークレー(もしくはジクレー・版画・複製画ですね)のものを買わせていただくことに。


複製とはいえ、絵画を買うなんてはじめての経験でした。



一番安いものはジークレーで6000円ですが、こちらは枚数制限のないものだそうです。


その次は9000円。その次は13000円だそうです。


日本円で購入することができます。



9000円からのジークレーは、200分の1(200枚複製した中の一番目の絵)などと書かれていますので、一応この世に200枚しかないことになりますね。




原画は一体おいくらほどするのか・・・・



シーラさんの超細密画は、めちゃくちゃ時間をかけて描かれるのだとか。原画がほしいのは山々ですが、庶民の私たちにはきっと手がでないお値段かもね・・・



じっくりと時間をかけて選び・・・・


オウルハウス10



「決めたよ!!」



オウルハウス11



2人で十分に相談して、一枚の絵を選びました。



最後まで迷った2枚は、写真に撮らせていただきました。



これは2人で気になったもの。フクロウが大きくてオレンジの色がかわいいです。


オウルハウス12



これはハニーが気にいっていたもの。背景のバリの森の木の細かく描かれていることといったら・・・!!


オウルハウス13



私も気に入りましたが、お部屋に飾るので明るい絵がいいかなと思ってこちらはやめてしまいましたが、今みても素晴らしい絵だと思います。



絵を選んだら、シーラさんが絵にサインを入れてくださって、自ら梱包もしてくださいました。


絵は、フクロウがプリントされた布のバッグに入れてくださって、またまた感激!




絵を買った後、シーラさんが今描かれている、100匹のフクロウの絵の前で記念撮影しました。


オウルハウス17



アップするとこちら。みんなかわいく描かれてとてもしあわせそう


オウルハウス21




そして今日はフクシマの絵を描いています、と教えてくださったのがこちら!




シーラさんの作業場です!!


オウルハウス18



シーラさん!!座布団に座って絵を描かれるんですね!? びびびっくり!


オウルハウス20



福島で震災があったことを心配して、バリのフクロウが福島まで飛んでいって様子を見ているようでした。




こちらの福島の絵は、震災を心配してくださって描いてくださったんだと思いますが、シーラさんは日本へ何度も行かれていることから、桜の絵や雪の絵、バリには無い樹木の絵も描いてみえました。



作業場は、シーラさんが育てている樹木やお花や野菜がいっぱいのガーデンの中心にあり、ワンちゃん2匹と、鳥やうさぎも一緒で、なんともすてきな空間でした。


バリ人ガイドのスディーさんも「ここは本当にいいところね!」と仕事を忘れて癒されてました(笑)



実は犬好きのハニーもすっかり癒されまくり・・・・



オウルハウス16



おとなしくておりこうさんなワンちゃん




ハニーの足を枕に寝ちゃいましたよ。


オウルハウス14

オウルハウス15



そのくらいの癒しの空間でした。




が、いつまでもお邪魔するわけにもいかず、名残惜しみしまくりながら、オウルハウスとシーラさんにお別れしました。



車まで見送ってくださったシーラさんとワンちゃん。


オウルハウス22



また絶対いつかこちらを訪れたいと思いました。



そして、大事に持ち帰った絵は、台北の家に飾りました。


オウルハウス23



台湾にもどってから、毎日絵を眺められてとてもしあわせな気持ちになります。


オウルハウスには、ポストカードセットや、紙の額に入ったポストカードやノートなども売られていて、こちらは買い求めやすいですよね。


私もポストカードを買いました。こちらもどんなに見ていても飽きない絵です。


オウルハウス24




ちょっと大絶賛しすぎじゃない??と思われるかもしれないですが、アトリエへ実際に行って、シーラさんと絵に触れた人にしかわからない、何かがあるんです。




ほんと、また行きたいなぁ~~




オウルハウスの日本語HPがあります。参考にしてください。

★こちらです★
オウルハウスHP





つづく



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リアモア

Author:リアモア
9歳年上の夫とともに台北ライフを送る夫バカな妻によるブログ。結婚8年目、今も変わらずハニー大好き夫バカな30代主婦です。

好きなことは、ヨガ・ジョギング・読書・音楽鑑賞・旅行。とくにバリ島。スーパーモデルのアレッサンドラ様に憧れています★アジア大好き。ひとつでも多くのアジアの国を訪れるのが夢★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。