スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録【追加項目アリ】

今年の夏、風と共に去りぬの後に読んだものです。


DSC_8396.jpg


沈みゆく大国アメリカ。


オバマケアがアメリカではじまって、いろいろ悲劇が起きている・・・


しかも、その悲劇はそのうち日本にもやってくる・・・


みたいな内容です。続きになっている本もあるようですが、これしか読んでいません。


これを読んで、今まで日本で当たり前に享受してきた国民皆保険制度が、どれだけありがたいものだたったのか知ると同時に、これがいつか当たり前じゃなくなったら、日本人はどうなっちゃうの!?と心配になりました。


治療するお金がなければ死ね!みたいな日がやってくるのだろうか・・・・


私はしょっちゅう病院にお世話になっている人間なので、怖いです。


日本国民は、もっとこの国民皆保険制度のありがたさを知って、それを壊さないように、政府の新しい政策・変更しようとしていることをよく審査して、国民皆保険を守って行かないとだめだと思いました!!




続きまして




DSC_8395.jpg



ロングマルシュ 長く歩く アナトリア横断



こちらは、妻を亡くし、定年を迎えて生きていく希望を見失いかけたフランス人の男性が、一人でイスタンブールから中国の西安までのシルクロードを踏破するという、旅の記録。


本書は、イスタンブールからドウバヤズドまでの旅の第一段階の記録です。


この旅の記録が本当におもしろくて、ハマって読み続けてしまいました。


で、続きもあと何冊かあって、イラン編~中央アジア編~などなど・・・・


ですが、この本、高いんです。。。。一冊3200円+税別!!


本当に高い。。。。。


ま、この本は父にもらったんで私がお金を払ったわけじゃないんですけどねっ


続きが読みたいけど、高いので、将来的に日本の図書館で読むとか、文庫本待ちになると思います・・・・





つづきまして



DSC_8394.jpg



稲森和夫さんの、人生の王道



以前、ブログで、「ちょっと日本大丈夫なんか!?」と思うと書いたのですが


こちらの本では、まさに稲森さんが私と同じようなことを心配されているようでしたよ!!!


「ところが近年、世の中を見渡せば、以前にはとても考えられなかったようなひどい出来事が続いています。たとえば、それは食品偽装事件やリコール隠し・・・・・」


という一部分とか


「戦後60年、日本人は廃墟の中から敢然と立ちあがり、奇跡的な経済発展を成し遂げました。その結果、確かに物質的には豊かさを得ましたが、逆に精神的な豊かさを急速に失いつつあるのではないでしょうか。」


とか!!


以前も稲森さんの本に悩み的なものを救われるようなことがあったので、この本も少しづつ読んで行ったら何か得られるものがまたあるのではないかと期待しています。





あと、写真がないですが、又吉直樹さんの「火花」も同時進行で読み始めましたが・・・・・・


まだ引き込まれる感じはありません。がんばります。




【追記】

先ほど、今年は戦後70年ですよ とご指摘をいただきましたが、稲森さんの本からそのまま抜粋しましたので、戦後60年となっております。よろしくお願いします。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リアモア

Author:リアモア
9歳年上の夫とともに台北ライフを送る夫バカな妻によるブログ。結婚8年目、今も変わらずハニー大好き夫バカな30代主婦です。

好きなことは、ヨガ・ジョギング・読書・音楽鑑賞・旅行。とくにバリ島。スーパーモデルのアレッサンドラ様に憧れています★アジア大好き。ひとつでも多くのアジアの国を訪れるのが夢★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。